読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuzoku実践入門ブログ

Amazon で好評発売中の『Fuzoku実践入門』に関するエピソードなどを紹介するブログです。

【特報】英語版『Fuzoku実践入門』、本日(4月5日)限り無料です

先日、発売を開始した英語版『Fuzoku実践入門』こと『Fuzoku: The Complete Guide to Sex Industry in Japan』ですが、出版を記念して無料セールを開始しました。 日本語版をお持ちの方も、そうでない方も、ぜひ英語の勉強がてらダウンロードしてみて下さい…

英語版『Fuzoku実践入門』を出版しました。

かねてからの予定通り、無事に英語版『Fuzoku実践入門』となるが無事に発売されましたので、お知らせ致します(ただし、英語版の登録にあたり、サブタイトルが日本語が優先されてしまったため、現在修正中です)。 Fuzoku: The Complete Guide to Sex Indust…

『Fuzoku実践入門』第2版が出版されました

皆様、お世話になっております村雨です。 2014年11月に出版した『Fuzoku実践入門』はお陰様で1月末時点で2,800部を突破しました。これもみなさまからの厚いご支持の賜物であり、深く感謝しております。 本日は、そんなFuzoku実践入門の第2版が出版されました…

Kindleオーナーライブラリーによるダウンロード数と売上データからみる考察

KDPによる出版では、日本で印税70%を選択するためのKDPセレクトを適用すると、Amazonプライム会員に対して、月に1冊無料でダウンロードできるKindleオーナーライブラリー(以下、KOL)に自動的に追加されます。 参照:Amazon電子出版で登録できる、KDPセレク…

『転ばぬ先の風俗法』がプライスマッチによって自動的に0円に

先月、12月25日から楽天Koboでクリスマスキャンペーンとして年内無料で提供していた『転ばぬ先の風俗法』ですが、プライスマッチ(Amazonが自動的に競合価格を調べて価格を調整する機能)によって意図せずして自動的にAmazon Kindleストアでも0円で販売され…

『Fuzoku実践入門』クリスマスキャンペーン結果報告

まずは、先日は23日〜24日にかけて行なわれた『Fuzoku実践入門』クリスマス無料キャンペーンをご利用頂き誠にありがとうございました。 本日は、無料期間中にダウンロードしていただいた総数を発表したいと思います。 無料ランキング最高2位獲得 期間中、Ama…

KWLのお試しとして、新刊『転ばぬ先の風俗法』をKoboとKindleで同時リリースしました

先日、楽天Koboで個人出版サービスKoboライティングライフ(通称KWL)が開始されましたので、ものは試しと思い、本日、12月22日に楽天KoboとAmazon Kindleで『転ばぬ先の風俗法』という書籍をリリースしました。 価格は100円、各販売ページは下記になります…

累計1,000部到達と、データから導き出されるKDPの考察

好評発売中の『Fuzoku実践入門』ですが、昨日累計実売数がついに1,000部を突破致しましたので、御礼を兼てご報告させて頂きます。 というわけで、この20日間を少し振り返ってみたいと思います。 11月20日までの実売数推移 まずは、分かやすいように11月1日か…

Kindle本のカテゴリ登録について

KDP

さて、本日はKindle本のカテゴリ登録についての記事について、体験談をまとめたいと思います。 登録カテゴリとAmazonサイトのカテゴリは一致しない KDPでは、販売する本の登録の際、カテゴリ登録を行なうことができます。 しかし、どうやら、こちらのカテゴ…

Amazon電子出版で登録できる、KDPセレクトについて

KDP

本記事では、Amazon Kindle向けの電子出版を行なう際に登録できるKDP セレクトについて解説していきます。 KDPセレクトとは KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)で出版を行なう際に、登録できるKDPセレクトですが、KDPセレクトのページには、大きく次…

iOS版Kindleのパーソナルドキュメント表示は本になると直る

KDP

今回、KDPで出版するにあたり、最も頭を悩ませたのが、iOS版Kindleの表示についてです。 ですが、最初に結論を述べると、iOS版Kindleの表示は、パーソナルドキュメントと、KDPで出版された書籍とでは表示が異なるため、気にする必要はないようです。 パーソ…

KDPによるKindle電子書籍出版の方法(2014年11月版)

KDP

『Fuzoku実践入門』を電子出版するにあたり、どのプラットフォームから出版するのが良いか検討したのですが、最終的に Amazon Kindle向けのKindle ダイレクト・パブリッシング(以下、KDP)を利用することにしました。 本記事では、電子出版プラットフォーム…