読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fuzoku実践入門ブログ

Amazon で好評発売中の『Fuzoku実践入門』に関するエピソードなどを紹介するブログです。

Amazon電子出版で登録できる、KDPセレクトについて

KDP

本記事では、Amazon Kindle向けの電子出版を行なう際に登録できるKDP セレクトについて解説していきます。

KDPセレクトとは

KDPセレクト登録ダイアログ

KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)で出版を行なう際に、登録できるKDPセレクトですが、KDPセレクトのページには、大きく次のような説明が書かれています。

KDP セレクトに登録する理由

取得ロイヤリティの増加
読者が Kindle Unlimited であなたの本を選択して 10% 既読にするか、Kindle オーナー ライブラリーからあなたの本をダウンロードすると、あなたに KDP セレクト グローバル基金から分配金が支払われます。また、日本、ブラジル、インド、およびメキシコの読者への販売に対して 70% のロイヤリティが支払われます。
本の売上促進
2種類のキャンペーンツールがあり、どちらかをお選びいただけます。Kindle Countdown Dealsでは、ロイヤリティを獲得しつつ、期間限定のキャンペーン割引を実施できます。本の無料キャンペーンでは、期間限定で本を世界中の読者に無料で提供できます。
新たな読者の獲得
出版した本をより多くの読者に読んでもらうために、米国、英国、ドイツイタリア、およびスペインで利用できる Kindle 読み放題プログラムと、米国、英国、ドイツ、フランス、日本で利用できる Kindle オーナー ライブラリーに登録しませんか。

詳しい説明は、KDP セレクトに関してよくある質問に書かれてあるのですが、実際に利用してみて、正しく理解した点について、改めて整理したいと思います。

1. ロイヤリティ70%を選択可能

最も分かりやすいKDPセレクト登録する理由となるのが、70%のロイヤリティ(いわゆる印税)を選択できることです。

ただし、70%ロイヤリティを選択した場合、販売価格を250円から1,250円の間で設定する必要があります。詳しくは、希望小売価格の要件をご参照下さい。

なお、KDPセレクト登録をしない場合のロイヤリティは35%になります。価格設定ページ に詳しい説明があります。

2. Kindleオーナーライブラリーに追加される

Kindleオーナー ライブラリーは、Amazon プライム会員が1か月に1冊好きな本を選んで期限なしに利用できるライブラリーだそうで、KDPセレクト登録すると自動的にこのプログラムに追加されます。

また、米国、英国、スペイン、イタリア、ドイツ向けの定額で読み放題になるKindle Unlimitedプログラムにも追加されるそうです。

3. Kindle Countdown Dealsと無料キャンペーンが利用できる

さて、この2のプロモーションツールが結構重要です。

無料キャンペーン

無料キャンペーンは、90日間の KDPセレクトへの登録期間中、KDPセレクトに登録されている本を最長で5日間、無料で読者の皆様に提供できるプロモーションツールです。

注意する点は、次の通りです。

  • 本が無料で提供されている間は、無料版のランキングに掲載されます。
  • 無料キャンペーンが終了すると、有料版のランキングに掲載されます。
  • 利用していない無料キャンペーンの日数を以降の登録期間に繰り越すことはできません。
  • 無料キャンペーン期間中に配布された本については、ロイヤリティは発生しません。

Kindle Countdown Deals

Kindle Countdown Dealsは、Amazon.comとAmazon.co.ukで販売する自分の本に期間限定割引キャンペーンを適用できるプロモーションツールです。

この、Amazon.comとco.ukで というのがポイントで、つまり、2014年11月現在、日本のAmazonでは利用できないツールになっています(もちろん、Amazon.com向けであれば利用できます)。

この機能は、ぜひとも利用したかったのですが、しばらく待つ必要があるようです。

なお、キャンペーンによって最低価格を下回ったとしても、70%のロイヤリティが適用されるそうです。

4. KDPセレクト登録による制限と注意事項

さて、KDPセレクトは、もちろんメリットばかりではありません。登録することによって、いくつかの制限が課せられますので注意が必要です。

というわけで、注意点を下記に整理します。

  • 登録した本のデジタル版は、KDPで独占販売される
  • 無料公開はしてはならない
  • 無料サンプルは本の10%まで自由に公開できる
  • 版権を第三者が保有する場合、KDPには登録できない
  • Kindle オーナーライブラリーには強制的に追加される
  • 90日ごとに自動更新(自動更新の拒否は可能)
  • 登録取消は90日間の最初の3日間のみ

重要な点は以上となります。

まとめ

Amazon電子書籍を販売する際、誰もが気になるKDPセレクトについて、まとめてみましたが、参考になりましたでしょうか?

個人的には、本の割引販売が可能になる、Kindle Countdown Dealsが早く日本でも利用できるようになると嬉しいです。

Amazonで電子出版を考えている方は、こちらの情報を参考にしてみて下さい。

なお、Fuzoku実践入門はKDPセレクト登録していますので、Amazonプライム会員であれば、Kindle オーナーライブラリーを利用して、無料で購読が可能となっています。